<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


鎌倉個展に向けて奮闘中!!

年明け早々にある 鎌倉の「onari NEAR」さんでの個展に向けて奮闘中です!!
そしてこの個展に向けて、壁に掛けられる楽しい絵を描いた絵皿をたくさん作っています。

僕は家の中はやっぱり明るいほうがエエと思うのです。でもな~人生山あり谷ありですから、毎日明るく過ごす事は難しいですな~。
それやったら 「家の中に楽しい絵が描かれた壁掛け小皿があったら明るくなるのんちゃう?!」
と、言うほど世の中は単純ではありませんし、僕の壁掛け小皿に落ち込んだ気持ちを回復させられるような、そんなスーパーな効能はありません。
だから落ち込んだ時は、時間をかけて何とか自力で回復してもらわないとあきませんが、でも回復したときに壁掛け小皿とチラッと目が合ったときに「ま~元気になってよかったやん」と皿が言うてるような、ま~そんな感じになればエエな~と思っています。
もちろん元気な時は「根性入れて頑張っていこ~!!」と、そんな感じがエエな~。

こんな話をカミさんとしていると「あんたはめったに落ち込んだりせ~へんから、つらい人の気持ちは解らんねん」と言われてしまいました。
そんなことあるかーい!!
こんな繊細なおっさんやのにやでー(ToT)
ガラスのハートやで、いや、陶器のハートやで言うとくけどー、頼むでしかし。
b0212501_07130132.jpg



ま~そんな事で、人の痛みのわかる作家?が作った壁掛け小皿ですので、良かったら見にきてやってちょ(笑)

これは染め付けという技法を用いた皿です。
これはロクロをして整形したものに染め付け絵の具で絵を描いて本焼き焼成したものです。色は、落ち着いています(笑)
(この皿は残念ながら焼き傷がありますが金繕いをして出展します)
b0212501_09365360.jpg


赤だ~黄色だ~オレンジだ~と、カラフルなお皿はただいま色付け作業中。
b0212501_11484112.jpg


カラフルな皿、窯入り待ち中~!!
b0212501_11484901.jpg


焼き上がりがハラハラドキドキ、どんなにあがるか楽しみです!!

ま~そんな事で鎌倉の個展、楽しく明るく使いやすい、三拍子揃った作品を所狭しと並べます。お時間あれは是非見にきて下さいm(__)m


うつわ祥見
onari NEAR

1/7(土) ~ 1/16(月) 
鎌倉市御成町5-28
0467-81-3504

b0212501_22432131.jpg







[PR]

by BoyoyonAcademy | 2016-12-28 23:52 | Comments(0)

年の瀬

ただいま来年早々の、鎌倉は「onari NEAR」さんでの個展に向けて奮闘中!!
若い頃は不死身と思っていたこの体もだいぶアチコチ痛うございますが、何の これしきと前を向いてゴリゴリ励んでます。

ま~しかし何ですな~、流石に世間は年の瀬モードに入って来ておるようですが、僕にとってはそんな事はどうでもエエ。 とにかく鎌倉個展に向けて納得のいく物を作って、ほんで来て下さった皆さんに楽しんで見てもらいたい、それしか頭に無い!!
クリスマス? 正月? なんやそれ? ケーキ食って 餅食うだけやん!! なんで一年を区切らなアカンねん? なんで今でないとアカンねん? 別に6月でも7月でもエエやんけー!! 誰が決めてん? なんで皆バタバタし出すねん? おかしいと思わんか??? クリスマスケーキ不味いやん!? と、反抗期の中学年みたいな事をついつい考えてしまいます。
しかし、よそで暮らす息子や娘がいつ帰って来るのか気になったり、村の神社の角松作り行かれへんな~とか、ガス屋さん(窯の燃料)の年末年始の配送どうなってる?とか、毎年 長谷寺の除夜の鐘の音聞いたら「あ~鳴ってる、鳴ってる」と何故かジーンときたり、エラそうな事を言っても自分の中でも正月モードってあるやんけー(笑) やっぱり餅も雑煮も食いたいしな(笑)
世間にも染みついた感覚にも逆らえんな~

ま~しかし、泣いても笑ても 年明けの鎌倉個展に向けてあともう少し。 とにかく やれるだけの事はやり尽くそう!! ま~そんな感じの年の瀬です。

DMが出来上がってきました~!!
b0212501_10064797.jpg
b0212501_10065183.jpg


この一年 猿の絵柄などもだいぶ描きましたが、今は鳥の絵柄をだいぶ描いてます(DMには間に合わなかった~)
別に干支作家になった訳ではないのですが、正月モードに負けた~(笑)
ま~そんな事で、来年の鎌倉個展には、鳥さんの壁掛け絵皿を中心に(他にもたくさんおます)カップ類・碗・鉢・蓋物・重箱・シーサー などなど、とにかく楽しく丈夫で使える器や、大小さまざまカラフルシーサーをわんさか持って行きますので、皆さん是非是非ご覧下さい!!
楽~しいよ~(^O^)v
(焼けたらまた追い追い紹介しますね)
ほなまた~


うつわ祥見
onari NEAR

1/7(土) ~ 1/16(月) 
鎌倉市御成町5-28
0467-81-3504



[PR]

by BoyoyonAcademy | 2016-12-22 06:09 | Comments(0)

木こり弟子入り

先日、木こりの弟子入りに行ってきました。
師匠はジェイソン藤井氏です。 ジェイソン藤井氏は吉野で活躍するプロの木こりです!!
ジェイソン氏とは、もう20年ぐらいの付き合いになるかな。

そして本日の作業現場は、僕の焼き物の師匠邸です。

焼き物の師匠邸は京都府唯一の村 南山城村の山深き秘境にあります。 国道から山道を約20分かけて登ると高原に出ます。師匠邸はその高原の一番奥にあります。過疎の村で、スーパーやコンビニなんかありません。 しかし周辺は松や楢の木立が広がる自然環境抜群な所です。
隣までは1キロぐらいあるので、モクモクと煙のでる薪窯をやるには絶好の場所です。

作業当日は朝から抜群のお天気で、紅葉は終わりましたが(行ったのは12月3日)初冬の山の景色もとても綺麗でした。

b0212501_01025660.jpg
山に登る途中の景色。雲海が見える。ここから先は携帯が使えなくなる。
(光ケーブルが来てるので家の中は都会と変わりません)

ま~とにかく自然環境は素晴らしいのですが、残念ながら この辺りは、松枯れ・楢枯れがひどく、師匠邸の松・楢も数本枯れが始まっています。それらを今のウチに切っておかないと家に倒れてくる恐れがあるのです。
そして伐採する時も、家に倒れてきたらエライ事になるので、ジェイソン藤井氏は倒す場所、切る角度を慎重に考えていきます。
弟子(僕の)仕事は、チルホールという(以降チル)道具を使いワイヤーロープで倒す方向(家と反対の方向)へ引っ張る作業です。

b0212501_06485769.jpg
黄色いのがチルホール
これメッチャ欲しい方は、 川上金物さんHPへ
http://www.kawakin.net/kawakin/


b0212501_00020188.jpg

作業は、まずジェイソン師匠が木に登り横に張り出した枝を落としていきます。そして幹にロープをかけます。
そのロープの端を僕がもらい、家と反対側にセットしたチルのワイヤーにくくりつけます。
そしてチルから伸びるレバーをカシャンカシャン押したり引いたり(右に倒したり左に倒したり)すると、だんだんロープがまきあげられていきます。
やがてロープはピーンと張り、木を家と反対の方向に引っぱり始めます。
そこでジェイソン師匠が、得意のチェンソーで引っ張っている側の木の根元に切り込みを入れます。
長年の経験から得た知識と勘で切り込む角度や向きなどは、倒したいところへ木が倒れるように計算され尽くしています。
切り込みが入ると、弟子がチルをカシャンカシャンしてより強い力で木を引っ張ります。
木がメシッと言うほどテンションがかかっていきます。
そして、ジェイソン師匠はさっき入れた切り込みの反対側からチェンソーを入れ始めます。チェンソーのフル回転の音が山に響き渡り、やがて楢の木は諦めたかのようにバリバリードスーン!!と地面に倒れ込みました。
その様は少し複雑な気持ちにもなりますが仕方ない。
山は、人が木を伐ることで次の世代の木が成長し、山の生命が循環していた(いわゆる里山)・・・そんな話を聞きます。
近年、人が山の仕事をしなくなったので、木がどんどん大きくなり、やがて弱った老木に虫が入って寿命を迎える、そしてまた新たな生命が、と言うそんなサイクルに切り替わっただけでそれも自然なんだ・・・そんな話も聞きます。 (酸性雨などで土壌の質が悪くなった・・・とも聞きます)
ま~人が管理するのがエエのか、自然に任せるのがエエのか、どちらがエエのか複雑すぎて僕にはわかりません。
とにかく今は、焼き物の師匠の家に木が倒れ込むのは困りますぅ~。

ま~そんな事で、朝から3本、昼から4本倒し、時間切れとなりました。
まだ窯場の屋根にかかっている木が2本あったのですが、それは来年に持ち越しとなりました。 師匠、ジェイソン藤井と弟子はまたやって参ります!!
作業を終え山を下る途中にジェイソン藤井師匠から 「あんた、もう山仕事できるで~!!」 とお褒めの言葉を頂き、「チル吉岡」の称号まで頂きました。

木の伐採をご要望の方は、ボヨヨンアカデミー林業課のチルチル吉岡までご一報下さい!! ジェイソン藤井とチル吉岡が伺います(^^)v


さてチル吉岡、現在は 陶芸家 吉岡萬理 に戻って、来年早々の鎌倉個展に向けて、日夜製作に励んでおります。
メチャクチャ明るく楽しい「壁掛け絵皿」などたくさん作っています。
是非ご覧下さい、お楽しみに(^^)v

b0212501_14180475.jpg



next 個展は

うつわ祥見
onari NEAR

1/7(土) ~ 1/16(月)
鎌倉市御成町5-28
0467-81-3504






[PR]

by BoyoyonAcademy | 2016-12-15 22:18 | Comments(2)