児童 ロクロ・絵付け体験 完成

毎年恒例になっている、我が母校 初瀬小学校 児童ロクロ・絵付け体験の作品が出来上がりました。
いや~なんと言いますか、子供のロクロ・絵付けには毎年の事ですが、その素直さ・清らかさ・嫌みのなさに脱帽してしまいます。
その作品を目の当たりにすると 「あ~自分の作品はもっとどうにかならないものか」 と思ってしまいます。
ま~とにかく日々努力を重ねてボチボチ自分の理想に近づくしかないのですが、奮闘努力の甲斐もなく今日も涙の涙の陽がおちるです。

b0212501_21165713.jpg
何でもない点と線が描いてあるだけですが、その生き生きした線や、絶妙に力の抜けた点、そしてその配置、神のなせる技です。

b0212501_21165949.jpg
何だか訳が解らない絵ですが、実に面白い!! 色も絶妙!!

b0212501_21165986.jpg
脱帽の数々!! もう師匠と呼ばせてもらいますm(__)m

我々大人は、様々な価値判断をします。 それは、今まで見たり聞いたり経験したりしてきた事から判断すると思うのですが、その価値観は刷り込まれたものであって、実は大した判断で無いのかもしれません。
百貨店の美術売り場のガラスケースの中に、何十万もする碗が飾ってあるのを見たことがありますが 僕は「アホちゃうか?!」 と思いました。
誰々先生が作ったからエエ物とは限りません。 美術界でもてはやされているからエエ物とは限りません。 雑誌、専門誌などで紹介されていてもエエ物とは限りません。 本当に良いものとは、自分が幸せな気持ちになれる物やと思います。 人が言うからではない、自分がエエと思ったら、それが一番エエ物なんです。

僕は毒されてない子供達の作品を見ていたら幸せな気持ちになります。 大人って何をやってるんや?!と思ってしまいます。
いや~このままでは、歳をとるにつれ段々変なオッサンになってしまいそうですわ~(^0^;)
ホンマ困ったもんやな~( ・_・;)





[PR]

by BoyoyonAcademy | 2017-02-23 22:36 | Comments(0)
line

旅する陶芸家 吉岡萬理のブログ


by バンちゃん
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30